長久手市 建築家相談会

コメントする
Blog
長久手市 建築家

 先週末に愛知県長久手市の長久手文化の家で行われた、建築家相談会のイベントに参加してきた。このような建築家相談会で東海地方での参加は初めてだったので、イベント内容が想像出来なかったが、来場者の数も多く、熱心に家作りを計画している人たちばかりだったので、あっという間に時間が過ぎた。2日間あったイベントですが、諸事情で1日のみの参加となりましたが、また次回も参加したいと思えるイベントだった。


愛知県 新築住宅展覧会
長久手市 新築住宅展覧会




長久手文化の家は、香山壽夫さんが設計されて1998年に開館された建築物で、演劇やコンサート、美術展や映像鑑賞会に使用されている。このほか、アートリビング施設(芸術文化空間)や、会議室、レストランなどを備えた総合施設となっている。私が訪れたのは、土曜日だった為、館内への来場者も多く、勉強スペースでは朝から地域の学生が自習をしている姿も多く、夜になるとコンサートの催しがあったので、一日を通して活気があり地域の住民に愛されている建築物の姿を伺う事が出来た。


住宅展覧会




今回は京都市から長久手市まで、電車で訪れる事になったが、長久手市を訪れるのは私が大学生時代に開催されていた、愛・地球博以来だったので、街の変化が大きく驚かされた。まず新幹線で名古屋へ行き、東山線の地下鉄に乗り換えて、藤が丘駅まで行きリニモに乗車したのだが、リニモのデザインをカッコよさに感心し、座席に座ると暖房付きのベンチシートにまた驚いた、またリニアモーターなので浮遊感のある走行と内装が合致する感覚は、たった一駅の区間しか乗車しなかったが走行中ワクワクさせられるものであった。


はなみずき通駅に到着し、会場まで歩いて向かったのだが、街並みは綺麗でゆったりとした街区は魅力的であった。のちに最近はこの地域も人気の住宅地となった事を聞き、納得できる環境である。 見慣れる土地へ行く時は、極力徒歩や電車を使い、街並みを体験する事で周りの雰囲気を読み取る事が出来るので、積極的にそうする事にしている。これからも沢山の初めての土地と人に出会える事は、楽しみの一つである。


コメントを残す